断熱材について

環境と住む人にやさしい断熱材

アクアフォーム

アクアフォーム
断熱材のウレタンフォームは、通常はフロンガスを使用し発砲させます。
フロンガスはオゾン層を破壊するため、地球温暖化の原因のひとつとされています。
国分ハウジングの断熱材は、イソシアネートと水を混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用する「アクアフォーム」です。フロンガスは一切使用せず、施工できます。
また、有害物質のホルムアルデヒドも発生しないので、室内環境がクリアです。





高い気密性
高い気密性
断熱性が高い住宅は快適な室温が保ちやすく、光熱費の削減にもつながります。
「アクアフォーム」は現場吹き付け発泡なので、複雑な構造の住宅も隙間なく施工できます。
さらに自己接着能力もあるのでしっかりと密閉され、高い断熱性と気密性を長期にわたって維持します。
また、透湿性が低く構造体内に隙間を作らないため、壁内部に結露が発生しにくいので安心です。




家族の健康を守る
家族の健康を守る
冬場に温かい部屋から寒い風呂場の脱衣所やトイレに行った際の急激な温度変化で、心臓発作を引き起こす場合があります。これが「ヒートショック」です。
また、低い温度の室内で長く過ごすと「緩慢なヒートショック状態」となり、徐々に体力が奪われ健康に悪影響を及ぼします。
高気密な断熱材は室温を快適に保ち、ヒートショックによる健康被害を防ぎます。