太陽光発電システムについて

太陽光発電

太陽光発電を搭載し住宅ローンの負担を軽くすることが可能に

太陽光発電は、太陽電池モジュール(パネル)の太陽の光があたることで、光が電気に変換される発電システムです。
太陽が出てない夜や、雨や曇りで太陽の光が十分にない日など、発電量が少ないときは電力会社から電気を買います。

また太陽の光が十分な晴れた日中は発電量が多く、さらに家庭で使う電気の量も少なくなります。
発電量が使用する電気の量より上回った場合は、送電線を通じて電力会社に売ることもできます。これを「売電」といいます。

電気の売り買いは自動で行われるため、特別な操作は必要ありません。
売電額のほうが買った電力より大きい場合は、電力会社より差額が振り込まれます。
売電収入により月々の住宅ローンの負担を、軽くすることが可能になります。


シミュレーション

シミュレーション
taiyo-05
また、太陽光発電は発電の際に二酸化炭素を全く排出しません。石油や石炭などのように使い続けても枯渇することもありません。
深刻化する地球温暖化と、エネルギー資源問題の解決策として、太陽光発電はますます重要になるシステムです。



サンビスタ