快適生活を実現!夫婦と母が楽しく暮らせる家 *I様邸(姶良市)*

voice_main_890px_593px_c_v_i_aira_main2
知人が建てた家が国分ハウジングさんの家で、その方に営業担当さんを紹介され、モデルハウスを観るなどしたのが、最初のキッカケです。
モデルハウスでのスタッフの対応もよく、特にその営業担当さんの「見栄えも住み心地もステキな家を作ります。」ということばに惚れ込んでお願いすることになりました。
この家で暮らすようになり約1年になりますが、 夏も涼しく、冬も暖かく過ごしやすいです。

また、定期点検などアフターの方もとても対応が良く、「そういった部材ならどこに売ってますよ。」など、アドバイスや情報もいただけ、非常に助かってます。
第一に気に入ってるところは、吹抜けの2階から光が差し込むリビング・ダイニング。
兄弟や親戚が遊びに来たときも、大人はこの1階のリビングダイニング、子どもは2階と、それぞれが楽しめ、また互いのコミュニケーションもとりやすくて、とてもいい雰囲気になります。

また、居酒屋や蕎麦屋さんをイメージして拘って作っていただいたバーカウンターもとっても気に入ってます。

あと、今回、家をつくるにあたって、母との同居となりましたが、皆で使う共有部分とそれぞれが使用する部屋などもしっかり考えられながらも、母も私たちも気兼ねなく共有できる空間になっているところも、本当に過ごしやすくていいです。
失敗ではありませんが、最近ようやくIHやインターホンなど新しい機器に慣れるのに少し時間がかかりました。

それから、バーカウンターの高さや収納部分の棚の高さについては、事前にイスの高さや収納するボックスのサイズを考えておけばよかったと思いました。
こうして欲しいという希望や不安な部分があったら、担当の方を信頼して、完成するまでどんなタイミングでも何度も相談していったほうがいいと思います。

私たちの場合、気になることや思いついたことは何でも相談しました。

特に、壁紙の相談をしたときなどは、コーディネーターの方が模型を使って「白だけの壁だと2階からの光が入ると、照り返しがキツイかもしれません。」といったアドバイスをいただき、部分的に壁紙を変えるアイデアをいただきました。

とにかく、建てる途中であっても、営業さんや現場監督、職人さん等とのコミュニケーションが大事かと思います。

それから、事前のモデルハウス見学は、イメージも膨らみ、アイデアももらえるので、
これからマイホームを建てようと考えられてる方は、まずはモデルハウス見学に行かれることをオススメします。
voice_sub_430px_286px_c_v_i_aira_gaikan
《外観》
屋根に太陽光パネルの付いたナチュラルモダンなデザイン。駐車スペースも3台分確保され、特に玄関前の小庭部分のガーデニングスペースがお客様を気持ちよくお出迎えするつくりとなっています。
voice_sub_430px_286px_c_v_i_aira_livingdining
《リビング・ダイニング》
天井が高く、広々とした空間は、2階からも光が差し込み、時間帯に限らず太陽の光をたっぷり取り込んでくれます。
voice_sub_430px_286px_c_v_i_aira_fukinuke
《リビング・ダイニングの吹抜け》
2階とのやりとりも出来るこの吹抜け部分は、勾配天井でとっても気持ち良く、太陽の光はもちろん、2階の窓を開けることで爽やかな風も通り抜け、とても気持ちいいです。
voice_sub_430px_286px_c_v_i_aira_counter
《バーカウンター》
大好きなお酒が楽しめる居酒屋風カウンターは、いつでも家族や友人との憩いの場。
いつでも呑みはじめられるように準備も万端ですね。