国分ハウジング

ENTRY

MENU

CLOSE

File.02

「熱意」

高橋 英里 Eri Takahashi

2018年入社

デイジャストハウス営業

File.02

INTERVIEW

細部にまで気を配り
親身な接客No.1にこだわる

鹿児島県で圧倒的No.1へと突き進む国分ハウジングの原動力は、一人ひとりの社員のチカラ。
誰よりもお客様に寄り添うという熱意で「お客様満足No.1」をめざす女性営業の取り組みに迫る。

社長が語る大きな夢の話に共感

自分が将来何がやりたいかのか、はっきりしないまま就職活動期間に入ってしまったため、当初は気になった業界や企業の説明会に幅広く参加していました。住宅メーカーもその中のひとつ。国分ハウジングの会社説明会では最初から社長が話をしてくれて、「鹿児島県で圧倒的なNo.1になる」という夢を語ってくれました。その夢の大きさに胸を打たれたというのが入社のきっかけ。私も一緒にNo.1をめざしていきたいと思いました。社長は頻繁に各店舗を巡回するので話す機会が多く、一人ひとりの状況を細かく把握してくれています。結果を出せばキャリアや役職に関係なく3か月ごとに表彰式で評価されるので、やる気がわいてきますね。

きめ細かな対応では誰にも負けない

当社では営業が担当する仕事の範囲が広く、接客、土地探しやローンのサポート、間取りの提案など、契約以外にも営業が行う業務は多岐にわたります。直接お客様と話して想いを共有する営業が、できる限りのことを担当するというのが当社の方針。私自身、お客様にはどんな小さなことでも不満や疑問をもってほしくないと考えています。そのため、例えば棚ひとつとっても徹底的にこだわり、細かく、丁寧に提案するというのが私の営業スタイル。国分ハウジングで家を建てて良かった、髙橋さんが担当で良かったとお客様から思っていただけるように、もっともっと努力して知識を吸収し、誰よりもお客様に寄り添える営業になることが目標です。

平日休みのメリットと
土日休みの便利さのいいとこどり

どちらかというとインドア派で、休日は自宅でゆっくりすることが多いです。基本的には火曜と水曜が休みなので、出かけると店がすいていて得した気分になりますね。また、平日休みだけではなく、土日に休める日も毎月あります。おかげで、学生時代の友人とスケジュールを合わせやすく、遊びに行けるので助かっています。