国分ハウジング

ENTRY

MENU

CLOSE

File.03

「実行」

福田 剛平 Kohei Fukuda

2019年入社

国分ハウジング鹿児島店 
工務

File.03

INTERVIEW

「圧倒的No.1」への道が見える
だからこそ思い切り頑張れる

入社1年目ながら既に主力として複数の現場を掛け持ちし、忙しく飛び回る日々。
先輩のきめ細やかな心遣い、会社からのサポートに感謝しつつ、高みをめざしている。

業者さんとの関係構築を先輩が
誘導

「圧倒的No.1」をめざすという言葉の響きに加え、そこに現実味を感じられたということが入社の理由。ただ目標をかかげるだけではなく、具体的なプランがあり、実行力の強さを社長の言葉から強く感じとることができました。入社してまだ1年に満たないものの、既に工務担当として複数の現場を掛け持ちしています。それができているのは、先輩のサポートや心遣いのおかげ。現場を管理する工務は、実際に作業する業者さんとの関係づくりが大切になってきます。新人の私がやりやすいように、先輩が業者さんとの橋渡しをしてから現場を任せてもらったので、スムーズに引き継ぐことができました。

建築のマニアックな面白さに開眼

私が所属する鹿児島店は、当社の中でも住宅の契約数が最も多い店舗です。いわば、「圧倒的No.1」をめざす上で要となる店舗。そこで工務を任されている責任が、そのままやりがいへとつながっています。また、別のやりがいとしては、「納まり」と呼ばれる各部材の接合部、仕上げにあたる部分を考えることに、今は面白さを感じています。パズルのように考えて、ピタリとはまった時の爽快感は、この仕事ならではだと思いますね。もっとうまく納まりをするためにも、知識面、技術面でスキルアップは欠かせません。専門資格取得に向けて学校に通わせてもらっていますし、社内研修や勉強会など、会社からのサポートには感謝しています。

資格取得に向けて勉強しつつ
自分の時間もしっかり確保

週休2日のうち1日は、2級建築士の資格取得に向けて学校に通っています。学費は会社から出してもらっているので、早く合格して、資格を活かした仕事で貢献したいですね。また、サイクリングやボルダリングなど、体を動かすことが趣味なので、学校以外の休日は汗をかいてリフレッシュすることが多いです。